イメージ

わきがと多汗症の関連性について

脇から悪臭が出てくるわきが、これは多汗症との関連性が高い症状となっています。脇から悪臭が出てくる原因は、脇にあるアポクリン腺と呼ばれている器官から汗が出てくるところにあります。ここから出てくる汗と雑菌が混ざっていき、あの独特の臭いが出てくるのです。つまり、脇の多汗症がある方は特にわきがになりやすいわけです。このようにわきがと多汗症の2つには関連性があるのです。

脇に汗を大量にかいてしまうと、そこから悪臭が出てきますので、それを防ぐ為には脇から汗をかきにくくする必要があります。脇から出てくる汗をかきにくくする事、そして脇から汗によって悪臭が出てきてしまう、この悪循環を治す為には次の方法があります。治療方法は脇にある汗腺、つまりアポクリン腺を出す為にある器官を切り取っていく方法となっています。

これを切り取っていく事で汗がかきにくくなりますので、脇に大量の汗が出てこなくなるわけです。それにより、脇から悪臭が出てくる事もなくなりますので、双方の治療に繋がるのです。切り取っていく方法は、脇にメスを入れて切開手術をします。

そして、直接アポクリン腺を切り取ります。直接切り取っていきますので、今の医療技術では確実に治せるものとなっています。わきがと多汗症には深い関連性があります。脇から出てくる大量の汗が原因で脇から悪臭が発生するわけなので、それを治療する為には脇から出てくる汗を防いでいく必要があります。わきがを治す為には、多汗症を治療する事が必要になっているわけです。

サイト更新情報

2013.7/22
ページを追加しました。
2013.6/22
サイトアップしました。